人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクールⅡ

multi_syouhou_kanyuu.png

「人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクールⅡ―私がネットワークビジネスを勧める理由」
ロバート・キヨサキ先生



本日はMLM(※)、マルチ商法の教本「金持ち父さんのビジネススクールⅡ」をご紹介します。



著者ローバート・キヨサキ先生に対して無責任さを感じたお薬。2005年出版。マルチ商法に悪用されることが多いお薬なのでご紹介をためらっているほどです。ちびこのマルチ商法に対するポジションはこちらの記事から。そう、このお薬を服用しても、いろいろな側面から見て考え、相変わらずマルチ参加にはアンチ(反対)のポジションです。


以下、書籍の内容紹介から引用します。

前著「ビジネススクール」の改訂版
前著の内容をベースに、より具体的に、よりわかりやすくまとめたネットワークビジネスの実用書です。本書でロバート・キヨサキは、ネットワークビジネスの8つの(お金を稼ぐ以外の)「隠された価値」の説明をさらに充実させています。特別ボーナスとして、さらに3つの「隠された価値」を、キム・キヨサキ、シャロン・レクターが語っています。この本を読めば、ネットワークビジネスがあなたにとって良いか悪いか、あなたにもわかってくるのではないだろうか。あなたがすでにネットワークビジネスを始めているなら、あなたの知っていること、そして感じていることをこの本で再確認できるだろう。

私がネットワークビジネスを勧める理由
「ネットワークビジネスを構築することは…、富を実現するための革命的な方法である。誰でも大きな富を得ることを可能にする。熱意と固い意志、ねばり強さのある人なら誰でも実行できる。」「私はネットワークビジネスを構築することによって富を築いたわけではないので、この業界をより客観的に見ることができる。本書で私は、自分が考えるネットワークビジネスの本当の価値を説明している…それは、お金をたくさん稼げる可能性といったものよりも、はるかに大きな価値だ。私はようやく、心の通ったビジネスを発見することができたのだ」




自分の富を築いた方法がネットワークビジネスではないのに、ネットワークビジネスを勧めている点は理解に苦しみます。

ところで、現代のように閉塞的で変化の多い時代には、人々の不安を煽るデータや書籍はいくらでも簡単に見つかりますよね。20代若者の不満や不安を煽り、一定の考え方の書籍を紹介し、ほとんど誘導に近い形でそれら書籍を読ませ、本書のような書籍にたどり着かせた時、偏った思考と洗脳の下地は完了します。気の弱い人や素直な人をマルチのセミナーに数回ほど出席させ、次第に洗脳させていく。一連の読書会・キャッシュフローゲーム会で垣間見た手法でした。

ちびこの分際で恐縮ですが、皆さまには是非、様々な書籍を読んでいただきたいと思います。多角的視点を得て一定の思想や考え方に偏らないためです。義務教育で得られた唯一(言い過ぎ)のギフトは、「君たちは偏ることなく様々な書籍を読まなくてはいけないよ」という教員の言葉でした。戦争世代に近かった定年まぎわの先生でしたから、人の思想や思考が偏ることの恐ろしさを子供たちに伝えたかったのだと思います。教育には人の思想のコントロール力があります。世論というマスコミが作り上げる思想もそうですが、教育はわたしたちに一定の思想や考え方を長年にわたって植え付けています。一方様々な書籍を服用すると、教育の中で得られる価値観や思想は多くあるもののうちの一つだということに気がつきます。

こんなことを言いながらもちびこ自身、多角的な見方ができているかどうかは不明です。恐らく自分自身にも大なり小なりバイアスがあると思いますし、そうだと思うべきです。しかし、かつて先生が伝えてくれた様々な分野の書籍を読む読書は、思考が偏りすぎることを防ぐ手助けになっていると思います。そしてそれは人の言動に対する違和感や矛盾に気がつく視点を身につけさせてくれました。



本書の題「人助けが好きなあなたに贈る」には吐き気をもよおしそうです。そもそもネットワークビジネスにおける勧誘行為には損得があります。だからこそ赤の他人のあなたが勧誘されるのです。勧誘時に大切な情報の開示はなく、同業者の違法行為が多いネットワークビジネスには参加する意義も存在の意義も見出せません。MLMの仕組みで最も食えない点は、洗脳された人は人助けのつもりで勧誘を行ってくること。もしくは人助けしていると自分で自分に言い聞かせている人もいるかもしれません。チャンスを与えているんだと大義名分を掲げ自らを自己暗示にかけるのです。

商品やサービスのよさを流布する参加者もいますが、実態は如何なものでしょうか。実際その商品やサービスはどんな価値を提供していますか?そんなに素晴らしい商品ならばネットショップで簡単に売れていくのでは?そしてそんなに素晴らしいサービスならば運営業者はわざわざ代理店制度をとってそのサービスを流布しようとするでしょうか?おそらく運営会社自身も価格対価値が見合っていないことを承知の上なのでしょう。ひどいケースでは価値の提供において実態が伴わないものもある様子。企業としてはMLMという販売手法として入ってくる代理店手数料や、代理店参加者が権利維持のための購買を見込んだほうが、大きな利潤を確保できるのかもしれません。



本日は、マルチ商法と思考の偏りの怖さについて、いささか多めに記述させて頂いています。この書籍を紹介するにあたり、無責任な記事にならないよう考えた末の記述ですので、ご理解頂ければと思います。

この書籍と書籍を悪用する輩のおけげでロバート・キヨサキ先生への不信感は拭えていません。金持ち父さんシリーズの本は、読むことで思考の枠を広げる重要性に気づきますが、ちびこにとっては思考が偏ることの危険性を警告するお薬になっています。


(※)MLMとは・・・マルチレベルマーケティング=多階層販売方法=マルチ商法





成分:★☆☆☆☆


なぜ金持ちは金持ちになるか

金持ちになる方法は一つではない

ネットワーク・ビジネスの価値

本当に平等な機会

人生を変えるビジネス教育

あなたを抑えつけるのではなく、引き上げてくれる友人たち

ネットワークの価値とは何か

あなたの最も重要なビジネス・スキルを開発する

リーダーシップは不可欠だ

お金のために働くのではない

あなたの夢を実現する

付録

夫婦でビジネスを築く

家族でビジネスを築く

金持ちの税の抜け穴を使う方法



用法・用量


・マルチ商法への理解を深めたい方 慎重に一度服用



効能・効果


・マルチが掲げる大義名分を理解する




内容抜粋

第一の価値 本当に平等な機会第二の価値 人生を変えるビジネス教育第三の価値 あなたを抑えつけるのではなく、引き上げてくれる友人たち第四の価値 ネットワークの価値とは何か●「メトカーフの法則」ネットワークの価値はそれに接続する端末や利用者の数の2乗に比例する第五の価値 あなたの最も重要なビジネス・スキルを開発する第六の価値 リーダーシップは不可欠だ第七の価値 お金のために働くのではない第八の価値 あなたの夢を実現する第九の価値 夫婦でビジネスを築く第十の価値 家族でビジネスを築く第十一の価値 金持ちの税の抜け穴を使う方法






読んでいただきありがとうございました。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック